法得寺縁起


 

 当寺は正式名を 「光恵山法得寺」 という真言宗のお寺です。本尊を 「叶不動尊」 としてお祀りし、昭和56年(1981)に広島市西区に開創されました。多くの方々の尽力により、平成元年(1989)には現在の伽藍が建設されました。『庚午のお不動さん』として地域の方々に厚く信仰されています。

 お不動さまとは、密教における五大明王の一つであり、右手に悪を断ち切るための剣、左手に人々を救うための索縄をもち、背部は毒や悪を焼きつくすための炎で被われている仏様です。恐ろしいお姿をしているように見えますが、慈悲心が非常に強く、人々をあらゆる苦しみや障害から救済してくださる仏様です。当寺では、ご本尊である 「叶不動尊」 の慈悲心への報恩感謝として毎朝護摩を焚いております。

 また、廿日市市吉和の小瀬川温泉内には奥之院 「法照山泉光寺」 があります。泉光寺では毎月末の月例護摩と、秋の大祭として毎年10月に 「大柴燈護摩供(火渡り式)」 を行っております。山伏、法螺貝、太鼓、火渡り等、日本古来から伝わる修験道の行事です。是非、ご参拝下さいませ。